カードローンを利用する人

ロゴ
トップページ
<カードローンが繰り返し利用されるリピート率が高い理由>
アベノミクス効果により、株価は1万4000円までに回復、円相場も70円台から一気に100円台を越えるまでに、円安が進みました。これに伴い、輸出業を始めとした企業の業績も、上向きを見せ始めています。しかし、企業の業績回復が、まだまだ一般家庭に下りて来たとはいえません。こうした社会背景の中で、銀行や消費者金融などから、ローンを組む人の数は増加をしています。特に、小口融資のカードローンの利用者数は、右肩上がりが続いています。ちなみに、カードローンの利用目的で一番多いのは、遊興費になります。しかし、利用者の中には、家計を遣り繰りする中で、小口のカードローンを繰り返す人も、多く含まれているといえます。その一方では、高い所得のある人も、カードローンを頻繁に利用しています。但し、高所得の人がカードローンを利用する目的は、家計費の補填などではなく投資資金の調達など、趣味嗜好への利用が主な目的となります。また、一度でもカードローンを利用した人の大半は、繰り返し利用するようになります。但し、お金に困っている低所得の人ばかりが、繰り返し利用を行っているのではなく、高所得者層にもリピーターの傾向は見られます。どちらにしても、カードローンが繰り返し利用されるリピート率が高い理由は、小口融資の安心感に加えて、利便性の向上が大きな要因ではないでしょうか。その一方で、WEB申込みなど利便性の向上は、利用者層の拡大にも繋がっています。これまで、カードローン利用者の約7割は男性が占めていました。しかし、最近では女性の利用者が、少しずつシェアを広めています。特に、女性のカードローン利用者は、20歳代〜30歳代の若い世代が、中心となっています。これは、買い物欲の高い若い世代と、子育てで家計の厳しい世代が、この年齢層の中心となっているからといえます。このように、カードローンを利用する人には、若者や女性などといった層へ、拡大していることが特徴になっています。 カードローンキャッシング金利navi

<カードローンの概況>
日本ではクレジットカードの普及が、随分と進みました。例えば、クレジットカードを用いた決済は、流通市場全体の約3割にまで拡がっています。こうした、クレジットカードの普及が進むにつれて、カードを用いたカードローンの利用者も、飛躍的に増加をしています。その背景には、アベノミクスによる経済成長が期待される中で、個人の所得増にまで結びついていない現状もあります。各家庭における家計への補填やつなぎの資金として、カードローンを利用する人も少なくないからです。カードローンの使用目的を調査したデーターでは、娯楽や遊興費等を利用目的とする人が約48%に対し、生活費の補填を理由とする人も約42%になります。また、カードローン利用者の特徴として、リピーターの多い点を挙げることが出来ます。カードローン利用者のおおよそ3割の人が、定期的に利用を繰り返しています。但し、所得の低い人が定期的にカードローンの利用を繰り返しているとはいえません。実は、定期的に利用を繰り返す人の割合が、最も高いのは世帯年収800万円〜1000万円の高所得者層になります。これは、生活費に充当するのではなく、投資による資産形成などへの利用が目的となっているからです。インターネット環境の普及とカードローンの形態が多様化する中で、スピーディな対応と24時間いつでも借入れが出来る利便性の高さが、投資などへの利用目的にも適しているからです。その反面、世帯年収が400万円以下の層では、6割に近い人が生活費への補填を利用目的に挙げています。また、カードローンの平均借入額は、10万円未満の人が全体の6割以上にもなります。ATM機の設置が充足する中で、少額の借入が簡単に行えることが理由といえます。ちなみに、世帯年収1000万円以上の高所得世帯であっても、平均借入額10万円未満が約6割を占めており、全体の平均と差異はありません。従って、カードローンは利便性を高めることで、少額融資の分野で飛躍的に成長を遂げてきたといえます。 カードローンキャッシング審査navi



Copyright(c) カードローンを利用する人. All right reserved.